涅子の着物部屋

涅子の着物やコーディネート、着付けのことなど大公開します

MENU

【季節のコーディネート】新緑の5月

f:id:tsubakimoto_neko:20180504110437j:plain

5月のコーディネート

5月と言えば、新緑の季節です。

気温が上がり始めて、だんだんと夏の気配を感じられる季節です。

 

5月は袷の着物を着ることができる、最後の月です。

中旬以降は気温も上がるので、単衣の着物を着始めても良い頃だと思います。

 

昔は単衣は6月に入ってから、と言われていました。

でも現代は昔に比べて気温が高いので、早めに単衣を着ても大丈夫だと思いますよ。

 

せっかく着物を着るなら、季節感を感じさせる柄や帯留めなどを取り入れてみましょう。

 

 

5月に咲く花

まずは5月前後に咲く、着物の柄に取り入れやすい代表的なお花から。

※()内は咲いている時期の目安です。花の種類や地域、天候によって変わりますので、参考程度にしてください。

 

・藤(4月中旬~5月上旬)

・すずらん(4月中旬~5月中旬)

・牡丹(4月下旬~5月上旬)

・あやめ(4月下旬~5月下旬)

・バラ(5月上旬~11月下旬)

・芍薬(5月上旬~5月下旬)

・杜若(5月上旬~5月下旬)

・ひなげし(4月上旬~6月中旬)

・皐月(5月中旬~6月下旬)

・あじさい(6月~7月中旬)

・百合(6月~8月末)

・桔梗(6月上旬~8月上旬)

 

5月はたくさんのお花が咲きますね。

着物に季節の花を取り入れる場合、ほんのちょっと早めに取り入れるのが粋とされています。

季節の先取りは、その季節のことが「待ち遠しいわ~」という意味なのです。

5月上旬であれば杜若や皐月、中旬なら6月に咲く紫陽花や百合、下旬なら桔梗などがお勧めです。

 

ただし、藤を見に行く場合は藤の柄を取り入れても良いと思います。

せっかく藤を見るのですから、藤で揃えた方が気分も上がりますよね。

 

なので、柄選びは厳密なものではないです。

その時に一番楽しめる柄が良いと思いますよ。

 

5月のイベント

お花以外では季節のイベントにちなんだ柄が合います。

5月は端午の節句、母の日、梅雨入りとイベントがちょくちょくありますね。

 

なので、端午の節句にちなんだ鯉のぼりや兜もかわいらしいです。

母の日が近ければカーネーションも粋かもしれませんね。

梅雨入りが近くなれば雨や傘、しずく柄も素敵だと思います。

 

そして、なんといっても新緑の季節です。

なので、葉の模様でもとても合います。

 

コーディネート例

 

新緑コーデなんかはいかがでしょうか。みんなに褒められました。 

www.kimono-neko.net

 

また、しずく柄も良さそうです。 

www.kimono-neko.net

 

この着物に蝶々やお花を合わせると季節感がより出そうです。 

www.kimono-neko.net

www.kimono-neko.net

 

 

蝶々の帯留めも良いかもしれません。 

www.kimono-neko.net