涅子の着物部屋

涅子の着物やコーディネート、着付けのことなど大公開します

MENU

【季節のコーディネート】春爛漫の4月

f:id:tsubakimoto_neko:20180504110224j:plain

4月のコーディネート

4月と言えば、春ですね。(あたりまえ)

 

以前の東京では4月の上旬ごろに桜が満開でしたが、2000年代以降は3月下旬ごろに早まったそうです。

入学式と言えば桜、ではなく、卒業式と言えば桜に変化しつつあるようです。

 

着物のコーディネートも季節に合わせて楽しみたいですよね。

季節感を感じさせる柄や帯留めなどを取り入れてみましょう。

 

 

4月に着る着物は袷(裏地の付いたもの)です。

 

4月になれば、上着を着なくても寒くない日が多いと思います。

そのため、帯付き(上着を羽織らず、帯が見える状態のこと)でお出掛けすることもあると思います。

暑い日でも、大事な帯をお召しの場合はショールで帯を覆うなどした方がいいかもしれません。

電車や街中で汚れてしまうこともありますから。

 

肌寒い日は羽織やショールで調整をしてくださいね。

ショールは特別なものでなく、洋服用のもので十分です。

着物や帯の色に合わせると素敵ですよ。

 

4月に咲く花

さて、まずは4月前後に咲く、着物の柄に取り入れやすい代表的なお花から。

※()内は咲いている時期の目安です。花の種類や地域、天候によって変わりますので、参考程度にしてください。

 

・桜(3月下旬~4月上旬)

・枝垂桜(3月下旬~4月中旬)

・八重桜(4月上旬~5月上旬)

・桃(3月上旬~4月中旬)

・たんぽぽ(3月上旬~5月上旬)

・スミレ(3月上旬~5月上旬)

・チューリップ(3月下旬~5月上旬)

・ひなげし(4月上旬~6月中旬)

・藤(4月中旬~5月上旬)

・すずらん(4月中旬~5月中旬)

・牡丹(4月下旬~5月上旬)

・あやめ(4月下旬~5月下旬)

・バラ(5月上旬~11月下旬)

・芍薬(5月上旬~5月下旬)

 

4月はたくさんのお花が咲きますね。

着物に季節の花を取り入れる場合、ほんのちょっと早めに取り入れるのが粋とされています。

季節の先取りは、その季節のことが「待ち遠しいわ~」という意味なのです。

4月上旬であれば藤、中旬ならあやめ、下旬なら5月に咲くバラや芍薬などがお勧めです。

 

ただし、お花見に行く場合は桜の柄を取り入れても良いと思います。

せっかく桜を見るのですから、藤の着物じゃ気分が盛り上がりませんよね。

 

私の日本舞踊の師匠もお花見には桜を取り入れたコーディネートをする、と仰ってました。

着物を見る目の肥えた師匠が言うのですから、間違いありません(笑)

 

中には「お花見に桜だなんて野暮だわ」と思う方もいるかもしれません。

誰にも文句を言われずに桜を取り入れるなら、3月中なら間違いないと思います。

 

とはいえ、4月といえば桜と思ってしまうのは私だけでしょうか。

桜の柄は色々な説があってちょっと迷いますよね。

桜は日本の花だから一年中着ても良い説、

桜は春に咲くから春だけしか着てはいけない説、

抽象化された桜なら一年中着ても良いけど、枝のついた桜は春だけしかダメ説、

などなど。

 

これだけ色々な説が出て来るとは、みんな桜が好きなんですよね。きっと。 

 

4月のイベント

お花以外では季節のイベントにちなんだ柄が合います。

3月ならひな祭り、5月なら端午の節句とイベントがあるのですが、4月は…残念ながらないですね(笑)

 

ですが、最近はイースターも定着しつつあるので、ウサギ柄もいいかもしれませんね。

タマゴ柄、というのはあまりないでしょうし。

ただ、ウサギは秋の柄なので要注意です。

 

 

その他だと、個人的には蝶々の柄が粋じゃないかな、と思います。

 

着物か帯に花柄を取り入れて、その上に蝶々の帯留めをするなんていかがでしょうか?

花に寄って来た蝶々…ちょっと素敵なコーディネートではないですか?

と、自画自賛してみました。 

 

コーディネート例

私も蝶々の帯留めを持っていますが、これ、とても素敵です。 

www.kimono-neko.net

 

この帯の上にしたら素敵かもしれません

www.kimono-neko.net

 

 

たとえば着物を花柄にして、帯を蝶々柄にしても素敵だと思います。

 

www.kimono-neko.net

 

 

たまには思いっきり着物を桜柄にするのもいいと思います。お花見にはぴったりです。

 

www.kimono-neko.net

 

ただ、着物も帯も桜!となるとちょっと野暮かもしれません。

着物だけ、帯だけ、バッグだけ、はたまた帯留めだけ桜、という引き算コーデはいかがでしょうか?